PVT測定

 

樹脂の溶融~固体状態における圧力(P)、比容積(V)及び温度(T)の関係を測定します。
成形加工時の、成形収縮(ひけ)、反り 等を予測したり、これらを生かした金型設計 をする                                            際に必要な情報(パラメータ)をご提供します。

 装置  P-V-T テストシステム(東洋精機製作所製)
 測定温度範囲  40℃~400℃
 測定加圧範囲  10~200MPa
 試料量  約2g
 試験モード  熱可塑性樹脂PVT試験モード
  ・定圧温度変化測定  ・定温圧力変化測定
 熱硬化性樹脂硬化試験モード (最大加圧力:40MPa)
  ・定圧温度変化測定

 

【装置外観】

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【測定原理概要】
 
写炉体内の加熱された
試料管に試料を入れ、溶融状態の試料を
ピストンにて加圧します。

試料の容積変化に伴う
ピストンの移動変位を測定して比容積(密度の
逆数)の圧力、温度変化を求めます。

 

 

【測定例】

温度が高くなるにつれて比容積は増大します。
圧力が高くなるにつれて比容積は減少し、ガラス転移温度(Tg)は高温側にシフトします。

 

 

 

 

 

 

電話またはFAXによるご依頼

TEL : 059-345-7622

FAX : 059-345-7174

 

株式会社ロンビック

樹脂検査分析センター営業部

電話受付時間 8:30〜17:15 土日祝休

メールによるご依頼

分析のご依頼はこちら