酸化誘導時間(OIT)、酸化開始温度(IOT)測定

 

示差走査熱量計(DSC)を用いて、少量のサンプルでプラスチックやゴムの酸化劣化の起こり易さの評価等が可能です。

酸化誘導時間(Oxidation Induction Time)

酸化反応による発熱が開始する時間。
 窒素雰囲気中で昇温した後、所定の温度に到達したら酸素雰囲気に切り替え、
 一定温度における熱量の時間変化を測定して求めます。

 

 

 

 

 

 

 

酸化開始温度(Initial Oxidation Temperature)

 酸化反応による発熱が開始する温度。
 酸素雰囲気下で昇温させながら熱量の変化を測定して求めます。

 

 

 

 

 

 

電話またはFAXによるご依頼

TEL : 059-345-7622

FAX : 059-345-7174

 

株式会社ロンビック

樹脂検査分析センター営業部

電話受付時間 8:30〜17:15 土日祝休

メールによるご依頼

分析のご依頼はこちら